子どもの想い出を引き継いだ遊具――「ゾウさんすべり台コンビ」

更新注目の納入事例

そのゾウさんは、こどもたちにとてもかわいがられていました。
せなかをなでられると、ゾウさんはやさしくほほえみました。
おはなをさわられても、ちっともおこりません。

「なが~いおはなが、かっこいい」
「おおきなせなかが、だいすき」

でも、ゾウさんもとしをとります。
いつしか、おはながいたむようになってきました。
せなかのぐあいもよくありません。

こどもたちに、ずっとかわいがってもらいたい。
ゾウさんは、そうかんがえていました。
ところが、あるひ、やさしいおとながこういいました。

「ゾウさん、あなたはもうじゅうぶんにはたらきましたよ」
「これからは、のんびりとやすんでくださいね」

ゾウさんは、こどもたちにおしまれながら、おわかれしました。

子どもの想い出をつなぐ「シンボル遊具」

ゾウさんは、じつはとある遊具のお話です。場所は、東京都渋谷区にある「代々木大山公園」。安全面で問題が生じたことに加え、設置から40年近く経過しており‶引退〟という道を選んだわけです。

一口に40年と言っても、長いですよね。ゾウさん遊具で遊んでいた子どもが大人になり、今度は自分の子どもを遊ばせていたかもしれません。40年には人それぞれの歴史があり、想い出があり、まさに住民から愛された「ステキなゾウさん」だったのでしょう。

20191011_zosan01.jpg
(無事に引退生活に入った「渋谷大山のゾウさん」)

子どもや住民に親しみのあるゾウさんをモチーフにしたい――。
これが、新しい遊具を決める際のポイントになりました。引退したゾウさんを見ると、2本のすべり台があったり、下方にはトンネルがあったりと、「ワンストップでいろんな遊びが楽しめる構造」となっており、そのコンセプトを引き継ぐことにしました。

20191011_zosan02.jpg
(青いゾウがユーモラスな「ゾウさんすべり台コンビ」)

一か所でいろんな遊びを楽しめる「コンビネーション遊具」に、ゾウさんを組み込みました。ゾウの鼻に見立てた大小のすべり台を2本つくり、それぞれに赤い階段を2つ用意しています。この写真からは見づらいのですが、足元がネットになったスリリングな「ネットわたり」など、少しだけ冒険色を追加しています。

20191011_zosan03.jpg
(長~い、長~い「親ゾウさんの鼻」)

2本のすべり台は、仲良し親子という設定。だから高さだけでなく長さも異なります。それにしても親ゾウさんの鼻は長くて立派で、これならたっぷり爽快感を味わえますよね。事実、公園内にある保育室の先生たちからは、こんな嬉しい感想が届いています。
「ゾウさんが安全で楽しくなり、子どもたちは夢中で遊んでいます」

これから新しいゾウさんと、どんな想い出をつくっていくのでしょうか――。
引退したゾウさんのように、子どもたちに愛されて街のシンボルとなるような、末永い存在になることを願っています。

「マーケットイン」という発想

ゾウさん遊具の入れ替えに際して、当初は別のプランを用意していました。曲がりくねったすべり面が特徴の「スパイラルスライダー」や、よじ登って体力を鍛える「ツリークライム」など、やや冒険的かつ高度なコンビネーション遊具です。

ところが、これだと小さな子どもが遊ぶには少々難しいかもしれません。とりわけ公園内には保育室があり、その子どもたちが遊べないのは悲しいこと。そこで大きく方針転換をして‶小さな子どもも楽しめるつくり〟としました。

20191011_zosan04.jpg
(ゾウさんすべり台コンビ「パース」)

遊具というのは、ある意味で社会インフラです。なるべく多くの人々に利用してもらい、楽しんでもらえるよう日々努力をしています。住民みなさんの声すべてに耳を傾けるのは難しいですが、それでも、お客さまの声を最大限に取り入れること、いわゆる「マーケットイン」の発想を、私たち日都産業は大切にしています。

あたらしいゾウさんは、こどもたちにやさしくむかえいれてもらいました。
でも、まだちょっぴりこどもになれていません。

「あたらしいゾウさん、せなかをさわるとぴくっとするね」
「あたまをなでてあげると、よろこぶよ」

ゾウさんの、ながいくらしがはじまりました。


いろんな動物をモチーフにしたコンビネーション遊具をつくっています。お気軽に下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
http://www.nitto-sg.co.jp/contact/

豆の木って、ホントに空まで登れるのかな――「道くさのせかい」 杉並にある、日本初の遊具専門メーカー――「すぎなみ産」

このページのトップへ