公園のギモンって何だろう?――「まちのナニコレ?図鑑」

更新お知らせ

世の中には「これ、なんでなの?」というモノって、けっこうありますよね?不思議なことに、自分の暮らす街中で見かけるなど、じつは‶身近なところに潜んでいる″こともよくある話です。

そんな「まちのナニコレ?」を集めた本が、小学館さんより発売されました。その名もズバリ。
「まちのナニコレ?図鑑」(小学館)

20210916_nanikore01.jpg

「家から一歩外に出ると、私たちはたくさんのモノに囲まれています。生き物ではありませんが、それらの名前や機能を知るときっと新しい世界が開けます!」(以上、小学館ホームページより一部抜粋)

目次によると「道路のナニコレ?」や「鉄道のナニコレ?」など、暮らしにまつわるあらゆるテーマに関して調べているようです。表紙にはウルトラマンが見えます。信号機もあります。まだまだ気になる写真があり、何だか楽しそうな予感を覚えます。

さて、この図鑑には「公園のナニコレ?」というテーマが設けられており、写真やコメントなどでNittoが取材協力をしています。

公園にはどんなナニコレ?があるのかな――。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

お問い合わせはこちら
http://www.nitto-sg.co.jp/contact/

円形だから夢中になる巨大な遊具――「ジャングルコロッセウム」 変わりつつある、子どもの遊び相手。

このページのトップへ