日都産業の想い

Nittoの職人たち

 20210929_hagiwara07.jpg

 見えぬところで社員をサポート――「総務部 萩原雅和」 

 

 20210816_takizawa05.jpg

 都心の公園を知り尽くした営業――「営業部 瀧沢隆」 

 

 20210611_kadokura09.jpg

 チャレンジを続けて、仕事を面白くする――「デザイン課 門倉さゆり」

 

 20210125_sawada05.jpg

 若者のみなさん、溶接って面白いですよ!――「製造部 澤田竜二」

 

 20201127_nagasawa03.jpg

 遊ぶ・調べる・直す・遊ぶ――「メンテナンス部 長澤隆太郎」

 

 20200828_tatchibana08.jpg

 日本初のインクルーシブ遊具、ついに砧公園にデビュー!――「営業部 橘隆行」

 

 20200730_tanaka07.jpg

 Nittoの砦を守るのは忍者?――「検査課 田中靖雄」

 

 20200627_kanda04.jpg

 人生の途中で、遊具の世界へ――「メンテナンス部 神田裕太」

 

 20200526_ogura05.jpg

 幾つもの顔を持つ、不思議な社員――「製造部/技術部 小倉太郎」

 

 20200406_watanabe02.jpg

 Nittoの健康はユニークを目指す――「総務部 渡辺和恵」

 

 20200130_yamanaka05.jpg

 Nittoの遊具は人からできている――「代表取締役社長 山中慎吾」

 

 20191224_kamata05.jpg

 総務部長、ときどき山男――「総務部 鎌田健二」

 

 20191125_oishi09.jpg

 遊具のプロは、現場を目指す――「技術部 大石健二」

 

 20191025_takahashi09.jpg

 何でもつくってしまうスペシャル職人――「製造部 高橋圭一」

 

 20200819_toyomura01.jpg

 Nittoには、遊具のストーリーテラーがいます――「総務部 豊村静恵」

 

 20190830_takae06.jpg

 Nittoはファミリーである――「関西営業所 髙江誠」

 

 20190730_kato08.jpg

 ワンパクな発想で、遊具に新風をもたらす――「デザイン課 加藤朱乃」

 

 20190628_tsunoda04.jpg

 説明トークで自治体の心を惹きつける――「北関東営業所 角田和之」

 

 20200819_tsuno_mahara01.jpg

 宮崎県から上京して19年のベテランコンビ――「製造部 津野裕賢、馬原和朋」

 

 20190423_okamoto09.jpg

 ぶらんこを揺らす、ぶらんこに揺れる――「メンテナンス部 岡本真」

 

 20200819_yuki01.jpg

子どもたちに最高の冒険をプレゼントしたい――「監査役 結城健治」

新卒向け採用情報

 現在、新卒向けの採用は行っておりません。

キャリア向け採用情報

 現在、キャリア向けの採用は行っておりません。

ビジョン

 私たちがつくりたいのは、笑顔と健康です ~Smile Creator~ 

日都産業が創業したのは1939年。
戦前は飛行機の椅子などをつくっていましたが、
戦後はこれからの日本の復興を担っていく子どもたちに対して
「遊具や体育器具を通して健康な人になってほしい」
という想いから遊具づくりを始めました。

遊具づくりは、いわば時代の要請でした。
以来、昭和から平成そして今の令和に至るまで、地道に遊具をつくり続けてきました。

事業を長く続けていれば、世の中は移り変わるものです。
弊社はそんな変化に合わせて様々な製品を生み出してきました。

1980年代、人々の健康ニーズの高まりを受けて開発した公園用の健康器具もその1つ。
遊具メーカーでは初の試みでしたが、公園に健康文化を広める一助になったと考えています。

2020年には、遊具の世界標準として注目を集めるインクルーシブ遊具の開発に着手。
メディアでは‶日本初の取り組み "と紹介され、多くの利用者から好評を博しています。
時代に合わせたモノづくりこそ、メーカーの使命であると自負しています。

創業81年。
よりよい健康づくりと、よりよい環境づくりに貢献する――をモットーに、
遊びを通して「社会に笑顔と健康をお届けする企業」を目指してまいります。

ミッション

「ニットを、もっと。」 ~遊具は暮らしに欠かせない必需品~ 

新型コロナウイルスという未知の感染症対応に追われた2020年。
公園の遊具が一時利用制限されるなど、遊具業界にも様々な影響がありました。

その一方、遊具こそ〝暮らしに欠かせない必需品"という想いを強く抱いたのも事実です。
なぜなら、学校が休みになった途端、全国各地の公園は子どもたちでいっぱいになったからです。

現代の子どもはスマホやネット動画に夢中と思われがちです。
ところが実際は、遊具で思いっきり身体を動かしたり、
友だちと無邪気にじゃれ合ったり、公園に集まってお喋りを楽しんだり。
そんなリアルな体験を求めているのではないでしょうか。

子どもに限った話ではありません。テレワークの合間、あるいはストレス発散や健康のため、
これまで公園を利用しなかった現役世代からも「近所に公園があるって、じつは贅沢なことなんですね」
といった声が聞かれます。

さらには、公園にある健康器具で体力づくりに励むシニア世代も目立つようになりました。
あらゆる世代が今、公園や遊具の価値を再評価していると感じます。

私たちが生きる2020年代は、新型コロナという災害からスタートしました。
今なお終息は見通せず、見えない不安はさらに増えることでしょう。
だからこそ不安を和らげる必需品として、遊具は公園にとどまらず、オフィスや商業施設や高齢者施設など、
もっと人々の暮らしに寄り添える存在になりたいと考えています。

今こそ、「ニットを、もっと。」
遊具がもたらす幸せを、遊具が生みだす人の輪を、
もっともっと日本中に広めることが2020年代における弊社の使命です。

          20211002_yamanaka.jpg

                          代表取締役社長 山中 慎吾                                          

事業ドメイン

① 革新をつくる遊具事業

20211002_domain01.jpg

世界初となる球形の回転式ジャングルジム「グローブジャングル」を開発したのは1957年。
64年前の製品ですが、これほど誰もが知り、誰もが遊んだことのある遊具も珍しいのではないでしょうか。
グローブジャングルの周囲にはいつも子どもがあふれ、笑顔があふれ、歓声があふれていました。
遊具は‶遊ぶための道具"であることはもとより、「幸せをつくりだす道具」とも考えています。
遊具を置いた場所には、それがどこであろうと、やがて幸せが生まれる――
あらゆる場所に幸せをつくりだすこと。それがニットの遊具事業です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

② 環境をつくる健康器具事業

20211002_domain02.jpg

これまで20年とされてきた老後も今や40年と、まさしく倍に伸びようとしています。
興味のあるテーマを学び直す。次なる職場で働く。新たな趣味を見つける――
何をするにも基本になるのは、やはり健やかな心と体にほかなりません。
「新たな40年」を充実させるには、人々が暮らす街や働く職場のサポートは欠かせません。
今いるそれぞれの環境こそが、その人の未来をつくるからです。
人生100年時代に向けて――。街や職場の「環境づくり」をサポートするのがニットの健康器具事業です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

③ サービスをつくるメンテナンス事業

20211002_domain03.jpg

セルフメディケーションという言葉があるように、優れた自己管理は健康を保ち、寿命を延ばします。
公園にある遊具や健康器具もまた、定期的な点検と確実な修繕により永く使用できます。
新型コロナウイルスなどの影響から、ますます遊具の長期利用ニーズが高まる昨今、
最良の対策は、クオリティーとスピードを兼ね備えた高品質メンテナンスです。
徹底的に調べて、素早く直す――
お客さまの気持ちを先回りする「徹底的なサービス精神」こそ、ニットのメンテナンス事業です。

会社概要

 会社の商号 日都産業株式会社
 本社所在地 東京都杉並区宮前5丁目19番1号
 代表者   代表取締役社長 山中慎吾
 設立年月日 昭和19年6月9日
 事業の目的 (1)公園遊具の製造販売業務
       (2)公園遊具のメンテナンス業務
       (3)上記に付帯するその他事業
 資本金   2600万円
 従業員数  80名
 許可    国土交通大臣 許可 般-2 第19008号 (とび・土工工事業 造園工事業)  
 売上高   17億円(2021年9月期)

お問い合わせ

 担当 : 総務部
 電話 : 03-3333-0210 
 Mail : info@nitto-sg.co.jp

このページのトップへ