安全と品質

日都産業はSP表示認定企業

SP表示認定企業とは、(一社)日本公園施設業協会「遊具の安全に関する規準JPFA-SP-S:2014」に基づいた、遊具の設計、製造、販売、施工、点検、修繕を行うことができるシステムを構築し、運用している会員企業 に対し、(一社)日本公園施設業協会が審査を行い、品質と安全を確保するプロセスが機能していることが確認された会員企業が認定されます。つまり、「高い品質管理能力と安全管理能力を有する企業」の証です。

SPマーク/遊具用
SPLマーク/その他公園施設用

安全品質を管理するシステム

品質マネジメントシステム(ISO9001)QMS

ISO9001審査登録証
1999年9月認証取得

環境マネジメントシステム(ISO14001)EMS

ISO14001審査登録証
2000年11月認証取得

日都産業は、日本の遊具業界で初めて「IS09001/ISO14001」をダブルで認証取得いたしました。

日都産業のPDCAサイクル

ISOが定める品質・環境の両マネジメントシステムは、PDCAサイクルをベースにスパイラルで改善活動を行うものです。 日都産業では、QMSとEMSを統合したシステムを全部門(本社・工場・各営業所)で運用し、社員全員の参画で改善活動に取り組んでいます。

品質/環境方針、目標に沿った行動計画(ニット・アクション・プログラム)を各部門で策定し、実施します。 月例のMR会議にて未達成項目がある場合は是正を要求し、アクションを改善させます。これを繰り返し行うことで製品や物作りのシステムをスパイラルに改善していきます。

日都産業のPDCAサイクル
さらに日都産業では、お客様の声を少しでも製品に反映し、より満足いただける品質づくりへ活かすため、お客様アンケートを実施。日々の品質改善につなげています。

環境方針

子どもたちを育む遊具、楽しみながら健康を保つ器具等で、人々が幸せを実感できる環境を提供します。

上記基本方針を達成するために、

  1. 環境に関する法令、同意する要求事項および自主基準等を守ります。
  2. 環境に配慮した製品の開発、販売を進め、大気、水質、土壌などの汚染防止に努めます。
  3. 事業活動全般の環境影響評価をおこない、目的・目標を設定し、継続的な改善を図るために定期的または必要に応じて見直します。
  4. 環境方針は、年1回定期的に見直しをおこないます。
  5. ※環境方針を全社員に周知し、外部の方に公表致します。

2015年10月1日
日都産業株式会社 代表取締役 山中慎吾

このページのトップへ